はーい、スカッチです。

年金の流失があったことにより、年金の加入人数をちらっと見てみました。(24年の状況です)

それによると公的年金の制度の加入数は人口の約半分の6700万人、前年度末に比べて39万人減少。

それに比べて、受給者数(延べ人数)が6622万人前年度に比べて238万人増加。

厚生年金は被保険者3472万人、前年度末に比べて20万人増加。

受給者数は3154万人、前年度末に比べて106万人増加。

だそうです。初めて人数を見てみましたが、これでは払うほうも、もらうほうも大変です

よね。今被保険者である私たちは年金をもらえるのですかね。と心配になりながら、情

報流失とマイナンバーが心配です。

仁科忠二郎税理士事務所

顧問料パフォーマンスNo.1 Comopa