はーい スカッチです。

毎朝バスに乗りますが、その日の朝は結構混んでいて座るところもない状態でした。

私の乗車する停留所の次の停留所で、足の悪いお年寄りが乗ってくるのが見えました。

その方はいつもその停留所で一番に載ってくるのですが、その日は後ろのほうに並んでいました。その方が乗ってきたときは席は空いていませんでした。(この停留所からはカーブが多いところなのです。)

その時、バスの運転手が「どなたか席を譲って頂けますか?」と声をかけて、気づいた人が席を譲り、そのお年寄りは座ることが出来ました。

そのバスの運転手はそれ以外でも、降りるときに「前のドアからもどうぞ」と言って、乗ってくる方には「降りる方がいらっしゃいます。」と人に気を配ってそれぞれの人が分かるようにちょこっと声をかけていました。

なかなかそんな運転手さんもそういないので、気持ちよい朝となりました。